• TOP
  • 相陽台ホームについて

施設案内

相陽台ホームは平成5年の開所と共に地域の皆様に愛され、支えられて30年近く続いてまいりました。

私共は相陽台ホームに集う全ての方々に「居心地の良さ」を感じていただけるよう、これからも施設づくりを行ってまいります。

 

人は誰でも「背中を押して欲しい、支えて欲しい」と願うときがあります。

そんな時にさりげなく背中を後押しさせていただける人々の集まり、誰かに側にいて欲しいと願ったときに、誰でもがその願いに寄り添える人々の集まりの場となれるよう一歩一歩進んでまいります。

 

そしていつか、誰もが迎える人生最後の安らぎの場所として、相陽台ホームを選択肢の一つに加えていただくことができるよう、これからも地域の皆様と共に歩んでまいります。
 

施設長 常盤 拓司

施設概要

施設名 社会福祉法人 ワゲン福祉会 特別養護老人ホーム 相陽台ホーム
所在地 〒252-0335
神奈川県相模原市南区下溝4303
TEL 042-777-3501
FAX 042-777-3502
事業所番号 1472605532
サービス 特別養護老人ホーム・短期入所生活介護・通所介護・訪問介護・居宅介護支援 
開設 平成5年12月
定員 特別養護老人ホーム 90名
短期入所生活介護(ショートステイ)15名
通所介護(デイサービス)32名 

フロアマップ

居室は個室と多床室がございます。

*令和3年3月より、特別養護老人ホーム90名、短期入所生活介護(ショートステイ)15名に変更となりました。
 

♦特別養護老人ホーム

個室18名・多床室72名 合計90名
 

♦短期入所生活介護(ショートステイ)

個室11名・多床室4名 合計15名

理念

♦和顔愛語(わげんあいご)・・・・・・・・和やかな笑顔と愛情のこもった言葉かけ
♦先意承問(せんいじょうもん)・・・・・・相手から言われない先に相手の気持ちを察しその望みを満たす
 
ワゲングループの「ワゲン」は無量寿経に説かれる「和顔愛語(わげんあいご)」をゆかりとしています。
「和顔愛語」は柔和な表情と慈愛の言葉をもって、相手の心を汲み、救いの手をさしのべていくという意味です。
「和顔愛語」の理念のもと、いつも和やか笑顔で優しい言葉で接し、人の心をやわらげ、地域に根ざした信頼される施設として、優しい社会の形成をめざしております。

※当施設は宗教とは一切関係ございません。

沿革

平成 5年 1月社会福祉法人ワゲン福祉会法人認可
平成 5年12月特別養護老人ホーム 相陽台ホーム 施設認可・事業開始
平成 6年 4月在宅介護支援センター並びに通所介護(デイサービス)事業開始(相陽台ホーム)
平成 6年 6月訪問介護(ホームヘルパー)サービス事業開始(相陽台ホーム)
平成11年 4月南棟(増設)入所開始 定員35名・短期入所20名(相陽台ホーム)
平成12年 4月居宅介護支援事業所事業開始(相陽台ホーム)
平成16年 8月特別養護老人ホーム ワゲン新横浜 開所
平成18年 4月麻溝地域包括支援センター委託
平成23年 9月社会福祉法人ワゲン福祉会と相模更生会 合併

アクセスマップ

・JR相模線 「原当麻駅」または「下溝駅」下車、徒歩20分
・小田急線「相模大野駅」下車「女子美術大学行」バス終点下車、徒歩15分
・JR横浜線「古淵駅」下車「女子美術大学行」バス終点下車、徒歩15分